老化と共に落ちるもの3つ

老化と共に落ちるもの3つ

こんにちは!

今日も当院のブログをご覧いただき

ありがとうございます!

若干、日付が変わって4/12の投稿になって

おりますが、4/11の23:50からスタートして

おります。笑

そんなことは、さて置き、本題に入ります!

 

 

今回は、

老化と共に落ちるもの3つ

についてお話したいと思います。

 

1つ目は・・・

筋力

 

筋肉は、老化と共に必ず落ちます。

落とさないためには、やはり使わなければ

なりません。そうです。

トレーニングやエクササイズを

する以外に方法はないと当院では、考えております。

先ほども申し上げましたが、

筋肉は、使わないと落ちる一方です。

 

例えば、寝たきりになるとします。

厚生労働省のある調査では、

こんな結果が出ています

・1週間の安静・・・20%の筋力低下
・2週間の安静・・・36%の筋力低下
・3週間の安静・・・68%の筋力低下
・4週間の安静・・・88%の筋力低下
・5週間の安静・・・96%の筋力低下

安静”という言葉は、良い言葉のようで

あまり良い言葉ではないかもしれませんね。

時には、体を休める時間も必要ですが、

必要以上に安静にしないように

気をつけて下さい。

 

もう一つお伝えしたいことがあります。

 

それは、

姿勢を維持するにも

それなりの筋力が必要

ということです。

この姿勢を維持する筋力は、日常生活で

鍛えられるものではありません。

歩いたり、走ったりしても

鍛えることはできません。

 

筋肉を鍛える前に先ずは、

”正しい姿勢”

を知ることから始めなければ、

どこの筋肉を鍛えたら良いかすら

分からないと思います。

 

2つ目は・・・

代謝は、加齢と共にセットで落ちます。

代謝が下がると何が起こると思いますか?

ちょっと考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは、

・太りやすくなる

・血行が悪くなる

・基礎体温低下

基礎体温低下により、

体に様々な障害が引き起こされます。

(例えば。。。)

・免疫力低下

=体を壊しやすい、

風邪を引きやすいなど

・がん細胞が増殖しやすい

=がんになりやすい

 

などなどキリがないので

これくらいにしておきます。

気になる方は、ご自身でお調べください。

 

 

3つ目は・・・

筋肉の柔軟性

筋肉の柔軟性も加齢と共に必ず落ちます。

柔軟性が落ちると、関節への負担が

倍増します。

結果、関節痛に悩まされます。

これも対策としては、

日頃から、ストレッチを行う習慣が

どれだけあるかによって決まります。

 

 

以上の3つが老化と共に落ちるものです。

次回は、一つ一つにフォーカスして

詳しくお話したいと思います!

 

 

最後まで読んで頂き

ありがとうございました。

 

当院は完全予約制ですのでネット又は

お電話でご予約、お問い合わせくださいませ。

羽毛田整骨院 人形町院

03-6231-1951

03-6231-1951
Facebook
Facebook
TTBメディカルトレーニング

▲