なぜ、腰痛が起こるのか?〜注意点①姿勢〜

なぜ、腰痛が起こるのか?〜注意点①姿勢〜

こんにちは!

今日も当院のブログを

ご覧いただき、

ありがとうございます!

 

今日は、

「なぜ、腰痛が起こるのか〜注意点①姿勢〜」

をテーマに話をしていこう思います。

腰痛の原因は様々ありますので

一意見として聞いて頂けたらと思います。

 

腰が痛い時はどこにいきますか?

・2,980円のマッサージに行く

・整骨院に行く

・整形外科に行く

→レントゲン(またはMRI)を撮る

 

皆さんは腰が痛くなると先ず、なにをしますか?

・痛み止めを飲む

・湿布を貼る

・冷やす(温める)

・電気を流す(低周波や超音波)

・マッサージをする

 

これらは、全て対症療法です。

対症療法とは、

その場では一時的に改善するが

治療後すぐに元に戻ってしまう

状態のことです。

 

腰が痛くなる原因は

その人の日常生活にあります。

最も気を付けて見るべきポイントは

姿勢、次に腰の使い方です。

 

今回は、姿勢について

お話していこうと思います。

 

注意点①姿勢

一般的に姿勢を正すと聞くと

「胸を張り、腰を反る姿勢」をイメージ

する人が多いと思います。

ここで、一つ間違っていることは

「腰を反る」という行為です。

腰は「反る動作と捻る動作」

もっとも負担をかけます。

正常な状態で既に反っている

腰を更に反るということは

かなり大きな負担を

かけるということです。

この反る動作が続けば必然的に

腰を痛めてしまうのは当然ですよね。

姿勢を正すイメージ

「肩甲骨を寄せて、軽くお腹に力を入れる」

肩甲骨を寄せることで、背骨が勝手に

起き上がってきます。

背骨の構造上そうなっているんです。

 

次に、軽くお腹に力を入れる理由は

肩甲骨を寄せた時に、腰が反りやすい状態に

なるので、反りすぎるのを防ぐために

軽くお腹に力を入れます。

 

以上のことを生活の中で

少し意識するだけでも

腰の痛みが軽減するかもしれませんので

”私、腰反りやすくて痛いんだよね”と

感じている方は一度やってみてください^^

 

最後まで読んで頂きありがとうございました^^

 

・治療コースメニューの詳細は

こちらから

・治療+トレーニングメニューの

詳細はこちらから

・webでの予約については

こちらから

(お電話の方がご対応がスムーズです)

 

当院は完全予約制ですので

ネット又はお電話でご予約、

お問い合わせください^^

 

羽毛田整骨院 人形町院

03-6231-1951

 

03-6231-1951
Facebook
Facebook
TTBメディカルトレーニング

▲