最近、注目の”鍼”について

最近、注目の”鍼”について

こんにちは!

今日も当院のブログを

ご覧いただき、

ありがとうございます!

 

今回は、最近注目を集めている

「鍼」についてお話したいと思います。

 

鍼治療は、

 

”科学的根拠がない”

”効果がない”

”危険だ”

 

などと言われていましたが、

最近では、メディアで良く取り上げられる

ようになりました。

2日前もNHKで鍼についての特集があった

くらいなので、鍼への関心は高まっていると思います。

 

 

鍼の歴史(さらっと)

鍼灸の歴史はとても深く、

紀元前の中国ではすでに鍼治療が

広く流行したという文献も残っています。

約2000年以上の長い歴史がある伝統医学です。

 

日本では奈良時代に伝えられ、

江戸時代には庶民にも広まったそうです。

 

その後、明治政府の方針で西洋医学が強く推し進められ、

鍼灸や漢方などを主流とする日本の伝統的な医学は

下火を迎えますが、その後も民間での支持は強く、

鍼師、灸師は国家資格として制定されました。

 

 

鍼灸治療とは?

身体の特定の点(ツボ)を刺激するために

専用の鍼や灸を用いた治療法のことです。

 

国家資格試験である「はり師」「きゅう師」が

施術の資格を保有しています。

 

一般的によく治療に使われる鍼は

髪の毛程度の細さなので、

熟練したはり師であれば、

刺したときの痛みはほとんどありません

(ただし皮膚には痛みを感じる点(痛点)があり、

ごくまれにチクッとすることもあります)。

 

鍼灸といえば「頭痛、肩こりに効く」「東洋医学

というイメージをお持ちの方が多いかもしれません。

 

しかし、最近でも厚生労働省の発足した

プロジェクトチームでは西洋医学だけで対処できない

現代のさまざまな疾患に対して鍼灸治療も取り入れた

医療の促進を進めていくようになりました。

 

また、中国、日本だけでなく

アメリカ、ヨーロッパでは

日本以上に医療現場での活用が進んでおり、

もはや医学の東西という枠組を超えて、

人々にとって重要な医療手法として

グローバルに普及している状況です。

 

 

鍼治療の良さ

①生体機能調整

組織や器官の機能を回復させる作用が、

症状により異なる働き方で

起こることがわかっています。

 

・疼痛やけいれんなど

鎮静作用により、機能が異常に

高まっている状態を抑える働きをする

 

・痺れ、運動麻痺といった神経や臓器の機能低下

興奮作用により働きを活発にする

 

②血行促進

症状が起きている患部と健康な部分を

使い分けることで、下記のような

作用が働くと考えられています。

 

・肩こり、筋肉痛、動脈硬化など

血管を拡張させ、血行を促す働きが起きる

 

・関節炎などの炎症

→患部に集まっている血液を健康な部分に

移動させることで、炎症を鎮める作用が起こる

 

③免疫力活性化

白血球を増やすことで、生体防御機能が高まり、

身体全体の免疫機能を活性化させる働きをする

と考えられています。

 

また、血行促進作用、生体機能調整作用により

ガンや感染症にかかりにくい体質づくりにも

役立つと考えられています。

 

次回も鍼について

書いていこうと思います!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました^^

 

・治療コースメニューの詳細は

こちらから

・治療+トレーニングメニューの

詳細はこちらから

・webでの予約については

こちらから

(お電話の方がご対応がスムーズです)

 

当院は完全予約制ですので

ネット又はお電話でご予約、

お問い合わせください^^

 

羽毛田整骨院 人形町院

03-6231-1951

 

03-6231-1951
Facebook
Facebook
TTBメディカルトレーニング

▲