膝の痛みで、依存した治療を行っているあなたへ

膝の痛みで、依存した治療を行っているあなたへ

こんにちは!

今日も当院のブログを

ご覧いただき、

ありがとうございます!

 

突然ですが、膝が痛くて整形外科に行って、

注射や飲み薬、湿布に頼った処置を

している方はいらっしゃいませんか?

 

もし、少しでも心当たりがあるなら、

この記事を読み進めて頂ければと思います。

 

主な内容は、

変形性膝関節症についてです。

 

ここで質問です。

変形性膝関節症の患者数は

現在、大体何人くらいだと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは、

およそ3,000万人です。

 

現在の日本は超後期高齢化社会です。

 

平均寿命も男女共に長くなっていますが、

それに伴って健康寿命は長くなっていません

 

ですので、元気に長生きできる人は少ない

ということです。

 

今後、患者数はもっと増加すると言われていますので

ちゃんと膝が動くうちに知識と予防をすることが

かなり重要となってきます。

 

 

変形性膝関節症とは?

膝関節の軟骨が傷つくことで、関節に炎症が

起こり痛みが生じる病気です。

 

やがて軟骨が傷むと動かしたときの衝撃が

吸収できなくなり非常に強い痛みを生じます。

 

 

原因

膝に負担がかかる状態」で

負担が蓄積されることが原因です。

 

骨と骨の間の軟骨がすり減り、間が

狭くなってしまう状態で動くことにより、

周囲の組織に炎症が起こり、痛みが発生します。

 

その他の原因として

加齢

肥満

姿勢不良

運動不足

性別

などが考えられます。

 

症状

動くと痛い(運動時痛)

例:立つ時、座る時、歩く時

膝の可動域の制限

例:屈伸運動や正座ができないなど

膝に水が溜まり腫れる

 

 

 

前半は概要、原因、症状を

お話させて頂きました。

 

次回は、

・膝に負担をかけにくい使い方

・負担のかかる動作

についてお話したいと思います。

 

 

後まで読んで頂きありがとうございました^^

 

・治療コースメニューの詳細は

こちらから

・治療+トレーニングメニューの

詳細はこちらから

・webでの予約については

こちらから

(お電話の方がご対応がスムーズです)

 

当院は完全予約制ですので

ネット又はお電話でご予約、

お問い合わせください^^

 

羽毛田整骨院 人形町院

03-6231-1951

 

03-6231-1951
Facebook
Facebook
TTBメディカルトレーニング

▲