50代の股関節の痛みはどこからくるの?

50代の股関節の痛みはどこからくるの?

こんにちは!

今日も当院のブログを

ご覧いただき、

ありがとうございます!

 

皆さんは、急に股関節が曲がらなくなった

日常生活でどんな動作が出来なくなるか

もしくは、その動作がしにくくなるか

考えたことはありますか?

 

 

恐らく、ほとんどの方が

考えたことがないと思います。

 

 

今回、変形性股関節症について

お話しようと思った理由は、

”股関節が痛い”とお悩みの方に

多い疾患なので、少しでもお役に

立てる情報を発信出来たらいいなと

思ったからです。

 

 

変形性股関節症とは?

骨の表面を覆っているクッション(関節軟骨)が

何らかの理由によってすり減り、

関節が変形する病気です。

隙間が潰れているのが分かりますか?

 

変形性股関節症には

一次性変形性股関節症

二次性変形性股関節症

の2種類があります。

 

・一次性変形性股関節症の特徴

→原因不明で外傷や形の異常がないのが特徴です。

老化や、その他の原因により負担に

耐えれなくなって発症すると言われています。

 

・二次性変形性股関節症の特徴

*発育性股関節脱臼

*先天性臼蓋形成不全などの

骨、関節の異常、外傷が原因で

二次的に発症すると言われています。

 

*発育性股関節脱臼とは?*

生まれたばかりの股関節の緩い赤ちゃんの

下肢を伸ばした位置でオムツを

するなどの間違った育児習慣に

よって外れること。

 

*先天性臼蓋形成不全とは?*

臼蓋とは本来、骨盤側の受け皿である部分に

大腿骨の頭がはまりこんで股関節を

つくっています。

この臼蓋の形状が未熟なまま生まれること。

 

 

症状

・関節痛

・可動域(関節が動く範囲)制限

・脚長差

・跛行(はこう)(足を引きずこと)

 

初期:立ち上がり歩き始め

股関節に痛み(運動時痛)が出ます。

進行すると・・・

何もしなくても痛い(安静時痛)

寝ている時も痛い(夜間痛)状態が

起こってきます。

 

日常生活の動作では

・足の爪が切りにくい

・靴下が履きにくい

・和式トイレが使いにくい

・正座がしにくい

・長時間立つ、歩くのがきつい

・階段、車、バスの乗り降りがきつい

といった状態になります。

 

ここまで制限されると日常生活で

だいぶん支障をきたしますね。

 

 

原因

発育性股関節脱臼

発育性股関節形成不全

といった子どもの時の骨の病気や

発育障害が後遺症となって発症する

ケースが多いです。

 

 

発症しやすい人の特徴

比較的、女性に多いと言われています。

理由は、大きく分けて3つあります。

一つ目は、

発育性股関節脱臼

先天性臼蓋形成不全

が女性に多いからです。

 

二つ目は、

骨盤の構造的に男性より

大きく横に広いため

大腿骨の頭が中心から離れているので

負荷がかかりやすいのも考えられます。

 

三つ目は、

男性より関節が柔らかいのと

負荷に耐えるための筋力が弱いこと

などがあります。

 

他のサイトでも沢山紹介されている

疾患になりますが、専門用語が多くて

分かりにくいですよね。

 

今の説明で少しでも

この疾患についてご理解を

深めることができましたら幸いです。

 

今回は、症状、原因、特徴を

お話しました。

次回は診断治療法

ご紹介しますね。

 

 

後まで読んで頂きありがとうございました^^

 

・治療コースメニューの詳細は

こちらから

・治療+トレーニングメニューの

詳細はこちらから

・webでの予約については

こちらから

(お電話の方がご対応がスムーズです)

 

当院は完全予約制ですので

ネット又はお電話でご予約、

お問い合わせください^^

 

羽毛田整骨院 人形町院

03-6231-1951

 

03-6231-1951
Facebook
Facebook
TTBメディカルトレーニング

▲